結構身近な事に感じ始めてきた、相続税について。

相続税とは縁遠い物と思いがちです。私もあまり関係の無い話しです。

ただ、我が家も普通に相続に関しては考えながら生活しています。正式には相続税で困るのは母親だけです。

母の親は祖母がいて、他には子どももいません。全ての相続は母親が受けるのです。

すると現在の規定の3500万円以上の現金資産があり、その余剰分の相続に関しては税金を払わなくてはいけないみたいです。

まだまだ祖母はぴんぴんしていて元気なのですが、やや認知症も入っており年齢も年齢なだけに手続きを始めている母親です。

ややシビアだなと思いながら、医療業界で働くとそんな感覚になるのかなと思いました。

人は産まれながらにして、老いや死に向かって生きています。

生あるものは全て死にます。それは遅かれ早かれやってきます。

淋しい、悲しいよりももっと前提に、必然として、と言う事があるのだと思いました。

話しにくい事かもしれませんが、必然な事として、話し合う必要はある事だと思っています。ミュゼ 予約 取れない クレーム